再生回数を増やして動画ライフを楽しもう!

撮影だけでなく、編集など様々な設定を行おう

綺麗な動画をさらに綺麗に

不特定多数の人に動画を発信する場合、撮影を見やすく綺麗な撮影を行うことは基本となります。
その基本に則って撮影した動画をさらに編集機能を使用して、より見る人に魅力ある動画として配信することが重要になります。

編集機能では、動画の余分な部分を切ることができ、動画の長さを適切な長さまで短くすることができます。
あまりに長い動画はYouTubeに投稿する際に画質が落ちてしまいます。
また、だらだらと長い動画では見る人の心を掴むことは難しくなります。
適切な長さの動画まで編集し、伝えたいことが適切に見る人に伝わることで自ずと再生数回数もアップしていきます。

また、エフェクトなどを使用することで明るさを調節することも大切です。
暗くて見えづらい動画にならないように注意を払いましょう。

設定もしっかり行うことも重要

見やすくて分かりやすい動画を撮影し編集しても、必ずその動画が話題になるとは限りません。
再生回数をアップするには、様々な設定も必要不可欠になってきます。

YouTubeのサイトで、まず動画の印象が決まるのはサムネイルという動画のプレビュー画面になります。
検索した際に一覧表示される部分であるため、検索している人が見たいと思う気持ちになるサムネイルを設定することが重要です。
サムネイルは動画の一部分を切り取るため、綺麗に撮影しておくこと、または綺麗に撮れている部分を使用しましょう。

編集機能を使用し、動画の前後に印象に残る画像を組み込み、その部分をサムネイルに設定するといったことも可能です。
また、検索に引っかかりやすくなるようなタイトルや説明文を入れておくことで、さらに再生回数をアップさせることができます。


TOPへ戻る